ヤミ金業者の見分け方

カードローンやキャッシングの返済に困った末に、ヤミ金業者に手を出してしまうケースが後を絶ちません。

ヤミ金業者と言えば、法定外金利を元にした利息を支払わなければいけなくなる上に、返済できなくなると暴力的かつ高圧的な手段で回収してきます。

そのため、一度でもヤミ金業者に手を出すと、返済だけではなく、自分の人生すら危うくなる危険性があります。

非常に危険な存在であるヤミ金業者ですが、実際に借りようとしている相手がヤミ金業者かどうか、どのように見分ければ良いでしょうか。

ヤミ金業者そのものには明確な定義はありませんが、その行為が問題になっている業者を総じてヤミ金業者と呼びます。

ヤミ金業者の手口としては信用屋、チケット金融、090金融が挙げられます。

また、より巧妙な手口で貸し出し・回収を行う業者もいるため、気がつかないままヤミ金業者からお金を借りていたという場合もあります。

最低限注意したい点は、貸金業者として財務局に登録しているかどうか、という点です。

原則として、貸金業を営む場合には届け出が必要になりますので、1つの判断規準となります。

また、業者として登録している場合、登録場所や電話番号と実際の情報が異なる場合はヤミ金業者が高い可能性があります。

貸金業者のホームページがある場合は、その情報か辿って一度連絡をしてみると良いでしょう。

その他、金融庁のホームページでヤミ金業者かどうか検索することできるので、借入れを行う前には必ず確認するようにしましょう。