ちょっとだけカードローンしたいけど、さてカードローンの出来る一番少ない額というのは、一体いくらぐらいだろう、と仰られる方も多いと思います。

一応、一般的には個人への融資におけるカードローンの最低額は、1万円からということになっておりますが、千円単位からでもカードローンができる消費者金融もあります。

カードローンを契約するときに身分証があれば可能です。

しかし、借入が50万円を超えるときや、定期的な収入がある職業ではない場合、加えていくらの収入があったか証明するのに公的な書類の提出が必要となります。

もし、在籍確認をするのに書類を提出することで済ませたいなら、それに使う書類を用意しておきましょう。

一般的に、専業主婦でも借りれるカードローンサービスの審査では返済可能かどうかが判断されます。

ですから、安定した収入のある立場でなければいけません。

公務員や会社員に限らず、パートやバイトで定期的に給与を貰っている方なら、契約可能です。

逆に、無職ではお金を借りることはできません。

専業主婦の場合、どの金融機関でも契約可能というわけではありません。

ノンバンク系(消費者金融、信販会社など)ではなく銀行系のカードローンを選んでください。

こちらであれば、融資を受けられるでしょう。

とはいえ、配偶者に安定収入があることを証明する必要があることを忘れないでください。

専業主婦でも借りれるカードローンを使った資産運用の一例ですが、ほとんどのカードローン業者が行っている一定期間金利ゼロのキャンペーンと株取引、特にIPO投資を組み合わせることで、莫大な利益が望めます。

借りたお金で希望するIPOの抽選に申し込みます。

もし、当たれば儲かりますし、残念ながら抽選に落ちてしまった場合でも、戻ったお金をそっくりそのまま返済してしまえば良いので、金銭的な負担は無いでしょう。

ですが、IPO株以外の資産運用のためにカードローンを利用するのはおススメできません。

当然のことですが、カードローンの返済期限は厳守するようにしましょう。

仮に、借入金の返済が1日でも遅れてしまうと、記入していた自宅や携帯電話に連絡が来るはずです。

正規のカードローン業者であれば、職場には電話をしないので、周囲の人にカードローンが知られてしまう心配はありません。

また、直接、家に取り立てにやってくるという話は聞いたことがありません。

とはいえ、電話だけならと甘く見て返済しないままでいると、ブラックとして情報機関に記録され、今後、数年間は専業主婦でも借りれるカードローンサービスや、あらゆる金融関係の契約が難しくなります。

お金を借りるために必要な書類は考えているほど多くありません。

融資元により諸条件が設定されていますが、顔写真つきの免許証、パスポートなどがあれば住所や本籍地等も掲載されていて、充分なようです。

随分カンタンだと思われるかもしれませんね。

でも、返すときに同じように思えるでしょうか。

それは借りる側の姿勢によるところが大きいでしょう。

ちょっと苦しいけど頑張って一括返済するも良いし、無理せず分割にするのも良いでしょう。

現実的な返済プランをきちんと立てる判断力が大事なのではないでしょうか。

パソコンで現金自動支払機でのカードローンを検索したときには、審査基準が緩く、即効でお金を手にすることが出来ると謳っている会社のホームページを見かけることもあるでしょう。

ところが、借り入れするまでの手順が簡単過ぎてしまうと長い目で見るとかなりの損をする計算になっていたりあまり利用するべきではない業者だということもあるので慎重に内容を確認していく必要があるのです。

ポイントとしては、審査判定を怠らない業者ですと正しい金利で取引をしてくれると考えられますので安全な専業主婦でも借りれるカードローンをすることが出来ると言えます。

お金を返す方法はたいへん多くなっており、指定のATMを使用したり、ネットバンクから返済するといった方法も使うことができます。

口座振替がもっとも安心で、この方法なら返済を忘れることはなくなります。

どういった方法で返済するかは選べます。

CMでもお馴染みのプロミスの専業主婦でも借りれるカードローンサービスは、ネットや電話、店頭窓口やATMなど4つの方法のいずれかでお申し込み可能ととても利用しやすくなっています。

また三井住友銀行かジャパンネット銀行に口座があれば、専業主婦でも借りれるカードローン申し込みの受付が完了してからなんとものの10秒ほどしかかからず、しかも手数料無料で振込がされるというスピーディーなサービスを思う存分便利に利用することができることでしょう。

女性に優しい専用ダイヤルもあり、無利息期間があるというのも、プロミスならではこそのカードローンの魅力と言えるでしょう。

深夜や早朝などに急にお金が必要になった場合は、どうすればよいでしょうか。

銀行ATMでご自身の口座から貯金を下ろすことも可能ですが、時間外手数料を支払う必要があります。

しかし、専業主婦でも借りれるカードローンでお金を借りる時に使うATMは、時間外手数料が発生しないものが多いですし、利子は日割りで計算されるので、返済が早ければ利子はほとんどかかりません。

ですから、銀行ATMで時間外手数料を払って手続きすることを考えると、カードローンの方がお得に運用できるはずです。

簡単な手続きや審査で融資を受けられるほか、銀行融資なら必須の保証人や担保が要らないという点も便利です。

関連ページ