トピックスとは?

トピックスは日本の株式市場において日経平均株価と並んで重要な意味を持っている指標です。

「Tokyo Stock Price Index」の頭文字をとってつけられた名称で、日本語では「東証株価指数」という名称で呼ばれています。

これは東京証券取引所一部に上場している日本企業を対象に算出される株価指数のことです。

これは1968年1月4日を基準日とし、その数値と時価を比較することによって算出されます。

1968年1月4日の時価総額は8兆6020億5695万1154円でした。

この数字を100ポイントと設定し、それと比較して現在の指数がどの程度かを算出することになります。

この算出方法は「時価総額加重型」と呼ばれています。

日経平均株価は株式上場している中でも225銘柄をピックアップした上で平均値を出しているのに対し、このトピックスでは全銘柄を対象としている点が大きな特徴となっています。

つまり、一部の平均を出している日経平均株価よりもトピックスの方がその時点における経済状況をより正確に反映しているといえなくもないのです。

なお、このトピックスの指数を対象とした金融商品も存在しており、先物取引やオプション取引が可能となっています。

ビジネス関連のニュースや新聞記事をチェックした場合も、どうしても日経平均株価にばかり目が向いてしまいがちです。

しかし、日本株の状況をより正確に把握し、資産運用に役立てるためにはこのトピックスにもしっかりと目を向けて、日々チェックを怠らないようにすることが重要になってくるでしょう。