オーバーナイト取引とは?

オーバーナイト取引とは、取引当日から翌営業日までの取引のことです。

1晩またいでの取引ということで、オーバーナイト(夜を越える)という名前が付いています。

一般的に、株式などの取引所では、午後の一定時刻に取引が終了します。

しかしこの時に未決済のものがあれば、それはオーバーナイト取引になるのです。

オーバーナイト取引は、金融機関同士で行われる取引です。

無担保コール取引や為替、スワップ取引などは、オーバーナイト取引になります。

ちなみにその日得たポジションを、その日のうちに決済することを、デイトレードと呼びます。

こちらの方は、オーバーナイトと比べて、聞いたことがあるという人も多いでしょう。

ちなみにFXでのオーバーナイト取引の基準は、午前0時ではありません。

1日が切り替わるのは午前0時なのですが、それはあくまでも日本が基準での考えです。

24時間世界いずれかの取引所で取引ができるFXでは、ニューヨークの外国為替市場が終わるニューヨーク時間の、午後5時を基準としています。

これは、日本時間における午前7時です。

オーバーナイト取引自体は、こういう仕組みがあるという程度の知識があれば、困ることはありません。

しかしFXでの時差を考慮したオーバーナイトは、失念している人も多いので気をつけましょう。

取引にもさまざまな形態があるので、自分に関係のあるものは全部覚えておいてください。

いつどこで、こういう知識が役立つかはわからないものです。