管理栄養士取得方法

管理栄養士とは、傷病者や個人の栄養指導をすることができるまでの専門的な知識や技術を持った方です。

学校給食などに代表される特定給食施設において、利用者の栄養状態に応じた給食管理や栄養改善等を行う事ができる資格です。

栄養士は都道府県知事の免許を受けますが、管理栄養士は厚生労働大臣からの免許を受けることになります。

管理栄養士になるには、まずは栄養士の資格を取得しなければなりません。

栄養士養成施設で規定の年月修業し、栄養士の資格を取得後、栄養士としての実務経験が必要になります。

実務経験は修業した年月との合計が5年以上になると国家試験の受験資格が発生します。

また管理栄養士になるための養成施設で4年間修業した場合には、実務経験年数は関係なく栄養士の資格を取得したのちに国家試験の受験資格を得ることができます。

管理栄養士の資格を取得したい場合にはまずは食品栄養学科・家政学科などを設けている4年制大学に入学することが先決です。

大学に入学することが難しい場合には、栄養士の資格を取得しその後実務経験を重ねて管理栄養士の国家試験に挑むという方法もあります。

栄養士になるためには、まずは短大や専門学校等で栄養学等の履修をすることが前提になります。

栄養士の資格は所定の科目を履修したのちに都道府県知事の認可を受けることで無試験で取得することができます。

就職先で栄養士として栄養学に関する業務に就きながら、通信教育等で管理栄養士になるための勉学をされる方が多いようです。

通信教育での管理栄養士講座は、国家試験対策のノウハウが凝縮されていますので、学校を卒業されてしばらく経過してから試験を受けたり、初めて試験を受けられる方には特にお勧めです。