外資系の転職状況

日本のように年功序列制度があるわけではない外資系企業への転職は、自分という商品をいかに上手に売り込むことができるかによって成功するかどうかが決まると言っても過言ではありません。

外資系への転職は、学歴や職歴ももちろん大切ですが、それ以上に、即戦力になることができるかがとても重要視されます。

そのため、履歴書よりも職務経歴書の内容がとても重要という企業などもあるようです。

ある程度社会人としてスキルや経験を積んでからの転職ではなく20代で転職を考える場合、期待できるほどの即戦力にならないという事も少なくありませんよね。

そのため20代で外資系への転職を考えている場合には、転職先の業界や職種に関する資格を取得する事が転職を成功させるための秘訣ともいえるようです。

例えば、その企業が必要としている語学力の語学検定などを受けるのも良いでしょう。

特に、外資系企業の中でもニーズが高く、そして日本国内でも習得度が高い英語やフランス語、ドイツ語などは、かなり高いレベルの検定資格を持っていた方が転職には有利に働くようです。

これから外資系への転職をしたいなと漠然と考えていて、これから言語の取得も考えている場合などには、あまり習得者がいないマイナー言語に挑戦するのも転職を成功させる近道かもしれません。

マイナー言語は人気も低いので学習教材を見つけたり学習するにもかなり困難な事も多いのですが、競争率が低ければ採用につながる可能性もビッグになりますよね。